OKUMABLOGの運営方針についてはこちら!

【社会人カップル】遠距離恋愛を辞めてよかったと感じたことは?5選

2021 3/09
【社会人カップル】遠距離恋愛を辞めてよかったと感じたことは?5選

こんにちはOKUMA(@OKUMABLOG)です。

私は社会人になってからお付き合いした彼女とそのまま遠距離恋愛をスタートしました過去があります。

そして、現在は転職を機に遠距離恋愛を卒業し彼女の側で生活しています。

遠距離恋愛をスタートしたタイミング、理由は人ぞれぞれかと思いますが、遠距離恋愛を早くやめたいと思っている方はほとんどではないでしょうか。

そこで、今回は遠距離恋愛を卒業した筆者が感じていることを5つに絞ってご紹介したいと思います。

OKUMAのアイコン画像OKUMA

遠距離恋愛と向き合う方々にとって1つの参考話になれば幸いです!

こんな方向けの記事です!
  • 遠距離恋愛中から近距離恋愛に切り替え予定の方
  • 遠距離恋愛中の方
  • 付き合っているで男側の気持ちを知りたい方
クリック出来るもくじ

頻繁に会えることの喜びが半端ない

まずは何よりこれですね。

会う頻度:【遠距離中】=1回/月 【遠距離終了後】=4回/月

今まで会えても月に1回とかだったのに頻繁に会えるようになる喜びは半端ないです。

普通のカップルにとって普通のことが遠距離恋愛カップルにとっては当たり前で無いです。

毎週会えることは勿論あり得ないですし、直接顔を見て喧嘩することもできませんし、お金を2人の将来のために節約する事も厳しいです(詳細は後述)。

普段のちょっとしたやり取りから喧嘩に発展しようものなら、中々仲直りするキッカケに恵まれず仕事にも身が入らなくなる事もあります。

これらのデメリットを含んでいる遠距離恋愛を長い期間経て、いざ近くの距離にお互いを感じる事になると、おそらく普通のカップルと比べても1つ1つのことを大事にできるようになっている気がします。

喧嘩する機会が増える

会う機会が増え、一緒に過ごす時間が急激に増えるとお互いの気持ちの浮き沈みもあり、喧嘩する機会が増えました。

今までほとんど滅多に会えなかった関係性から急に頻繁に会うようになり、気持ちが付いていかない感覚になりました。

いつでも会える距離にお互いがいることが嬉しい反面、距離感を上手く測れなかったです。

喧嘩の原因をふと振り返ると基本的に筆者が悪かったです(苦笑)

少しずつ二人の時間の過ごし方を覚えてくると段々と喧嘩することはなくなってきました気がしています。

OKUMAのアイコン画像OKUMA

遠距離を終えてパートナーと一緒に住み始める方は注意が必要。相手との距離感が急に縮まると慣れない感覚に陥る可能性あり。です。

お金の節約ができるようになる

遠距離恋愛をしていおるとお金が何かとかかってきます。

会うためにかかる移動費、会う場所によっては宿泊費、食費も外食なので大きくなったりと出費は決して安くなかったです。

会うために必要なお金でしたので惜しい気持ちは全くありませんでしたが、

遠距離恋愛を終えた今、これまでかかっていたお金をちょっとした贅沢に費やしたり、二人の将来のための貯金に回したりできています。

実際に一度に会うためにかかっていたお金を試算してみました。

  •  交通費(往復):3万円×2人分=6万円
  •  宿泊費(一泊):1.5万円
  •  食費:2万円

かなりざっくりですが、毎回会うだけで9.5万円ほどかかってました。

これに加えてお金がかかる場合もあるので毎月2人で10万円程の出費があったことになります。

OKUMAのアイコン画像OKUMA

かかっていたお金を違うことに充てられるのはグッド!

相手のことをより深く知ることができる

遠距離恋愛を終了するとこれまでと比較して相手と過ごす時間は当然ながら長くなります。

これまで知らなかった相手のことも知ることになります。

新しい側面を知ることができる反面、自分の価値観と衝突させてしまう場面が出てきます。

「やっぱり価値観が合わないかも」

「こんなこと考える人だったんだ」

と思うことも幾度かありました。

筆者も恐らく近くに居るようになってから彼女さんを何度も失望させてしまったと思っています。

日々、お互いのことを深く理解していき、時には相手を認める作業が求められます。

OKUMAのアイコン画像OKUMA

遠距離中は知れなかった相手の新しい一面を知り、それを踏まえてさらに関係性を深めていく姿勢が大事!

仕事に集中できるようになる

遠距離恋愛を卒業し近くにパートナーが近くにいることで安心感を得ることができます。

遠距離恋愛中は何かと不安に駆られるタイミングが多かったです。

「喧嘩して中々連絡が返ってこない」なんてことがあると本業に身が入らないなんてことも起こり得ます。

近くに居るということだけで心理的な負担が減り、良い意味でパートナーに割く脳内シェアが低くなります。

その結果、本業中に雑念が入り込んで来ず集中して取り組めます。

くまじろうのアイコン画像くまじろう

仲直りするキッカケも遠距離中より作りやすいしね!仕事中は集中!

まとめ

如何でしたでしょうか。

今回は遠距離恋愛を卒業し、近距離恋愛に突入した筆者の率直な感想を綴ってきました。

遠距離恋愛期間中の思い出は決して全てが悪い思い出というわけではありませんでした。

毎回が小旅行みたいなデートで、計画から会いに行く日までのワクワク感まで楽しむ気持ちを忘れなければ乗り越えることができますし、

今考えると遠距離恋愛中の思い出はどれも濃かった気がしてます。

今のパートナーと一生一緒に過ごすなら終わらない遠距離恋愛はありません!

今は苦しいことが多いと思いますができる範囲で楽しみながら乗り越えましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

大好きな彼女(遠距離恋愛)ができて 「彼女に会いに行く為のお金を作りたい!!」と思い立ち、冬眠から醒めました。プログラミング学習、ブログ運営にチャレンジ中です。筋トレ、貯金、アウトドアが趣味。

コメント

コメントする

目次
閉じる