OKUMABLOGの運営方針についてはこちら!

【2020年】芸術の街 金沢にあるシェアホテル「HATCHI」で旅人気分を味わう(レビュー)

2020 9/22
【2020年】芸術の街 金沢にあるシェアホテル「HATCHI」で旅人気分を味わう(レビュー)

こんにちはOKUMA(@OKUMABLOG)です。

先日、芸術の街 金沢にあるシェアホテル「HATCHI」に実際に宿泊してきましたので館内の様子をご紹介します。

今回は私用で石川県金沢市を訪れましたが、旅行で訪れた訳ではなかったので観光はほとんど出来ないスケジュール設定でした(次回はゆっくり旅行したい…)。

OKUMAのアイコン画像OKUMA

あぁ観光する時間はないけど、せめて宿くらいは金沢らしい芸術的な宿に泊まりたいなぁ…。21世紀美術館、兼六園、そして魚食べたかった…。

くまじろうのアイコン画像くまじろう

次はちゃんとした旅行で行きたいねぇ。
金沢の雰囲気たまらない!

っと観光したいのに出来ない歯痒さを恨みつつも宿を探していたところ発見したのがHATCHIでした!

HATCHIの公式HPはこちら!

HATCHi 金沢 by THE SHARE HOTELS【公式】|HATCHi KANAZAWA(ハッチカナザワ)】
HATCHi 金沢 by THE SHARE HOTELS【公式】|HATCHi KANAZAWA(ハッチカナザワ)】
HATCHi 金沢 by THE SHARE HOTELS【公式】|HATCHi KANAZAWA(ハッチカナザワ)】ここは、「北陸ツーリズムの発地」。北陸の玄関口となる金沢からその先へと旅人をいざなう、多様なきっかけが詰まったホテルです。日本の華麗な茶屋文化を今に伝えるひがし...

こんな方にオススメ出来るお宿でした!

くまさんのアイコン画像くまさん

普段と違った雰囲気の宿に泊まってみたいなぁ…。

くま男のアイコン画像くま男

金沢に行くんだし宿泊する宿でも芸術を体験したいなぁ…。あ、でも宿泊費にお金はかけたくないなぁ…。

OKUMAのアイコン画像OKUMA

HATCHIなら宿泊費もリーズナブルに!思い出に残る宿なのでぜひ候補にしてみてくださいね!

クリック出来るもくじ

シェアホテルHATCHIの基本情報

HATCHIの基本情報

住所〒920-0911 石川県金沢市橋場町 3-18
TEL076 256 1100
FAX076 256 1101
MAILhatchi@thesharehotels.com
交通JR 金沢駅東口 7 番バス乗り場 11・12・16 系統の
路線バスにて約 7 分「橋場町」バス停下車
またはタクシーで約 6 分
駐車場無し
総部屋数14 室 定員 89 名
館内設備レストラン、自動販売機、コインランドリー(有料)
部屋設備インターネット接続(無線LAN形式)
食事場所[朝食] レストラン

当ホテルは生活・暮らしをリノベーションする会社「リビタ」が手掛けるシェアホテルの1つです。

リビタが手掛けるシェアホテルの特徴として旅人とローカルが交流できるスペースが宿の中に設けられていることが挙げられます。

今回紹介するHATCHIでも1階のカフェスペースでは日々、金沢ならではのイベントが開催されています!(詳細は公式HPでチェックしてみて下さいね!)

HATCHI以外にも全国各地にシェアホテルを展開しています

リビタ公式HPより引用

アクセスとしては金沢駅からバス、タクシーで向かうことも出来ますが、今回筆者は車で行きました。

ホテルには駐車場はありませんが、すぐ近くにコインパーキングがあるので問題なく車でもいけます!筆者は下記斜線付近にある駐車場に車を駐めて宿泊しました。

Googleマップより

館内の様子

続いて館内の様子をご紹介します。

OKUMAのアイコン画像OKUMA

“シェア”ホテルと聞くと施設の共用部が清潔かどうかが気になるところでしたが、掃除が行き届いて綺麗でした!

エントランス、カフェ

エントランスがある1階には広々としたカフェスペース、美術品が展示・販売されているショーケースが設置されています。

カフェスペースは宿泊客以外も利用可能

エントランスを抜けるとあるカフェスペースは宿泊客以外も利用可能で、アーティストさんの展示会など様々なイベントが開催されたりするスペースとなっています。

宿泊客は朝食を頂くスペースはここになります!

朝食のメニューはこんな感じでした

シャワールーム、トイレ

シェアホテルであるHATCHIはシャワールーム、トイレは共用となります。

シャワールームは地下1階、2階、3階に設置されており、24時間利用可能です!

シャワールームへの入室は宿泊客のみ可能で、ルームキーが必要です(女性専用のシャワールームも設置されて追います)。

シャワールームにはシャンプーなどのアミニティーが準備されています!
OKUMAのアイコン画像OKUMA

シャワールームは清潔に保たれており、使用中は他の客が入室しないように鍵をかけることが出来ます!
湯船に浸かりたい!って方は後程ご紹介する銭湯の利用がオススメ!

トイレ、洗面台は各階に設置されており、清潔感があってよかったです!掃除が行き届いている印象。

個室トイレが各階に設置されています。綺麗。
洗面台も各階に設置されています。広々としたスペースで混雑する心配はなさそうです。

客室

今回、私が宿泊した客室は個室ロフトタイプの客室でした。その他にもいくつか客室のタイプがあるみたいですので、こちらからお好みの客室を選んでみてくださいね!

くまじろうのアイコン画像くまじろう

秘密基地みたいでカッコ良い!!

お部屋の様子はこんな感じでした!

入室したすぐのスペース
ソファースペースにはコンセントもあるのでパソコン作業も可能です
ロフト2階部分がベッドになっています。2人でも全然寝れます。
洗面スペースは狭いですがコンセントもありドライヤーも準備されていました。

筆者は1人での宿泊でしたが、2人でも全然宿泊出来そうです。但し、客室にはテレビも無く、部屋自体も広くはないのでゆったり部屋で寛ぎたいたい人には不向きな部屋かもしれません。

OKUMAのアイコン画像OKUMA

部屋のタイプはいくつもるので、自分の目的・趣向にあった部屋を予約しましょう!

近くにある銭湯を利用するのがオススメ!

ホテルから徒歩5分歩けば着きます。

ホテルのシャワールームも綺麗ですが、旅にちょっとしたスパイスを加えるなら近くにある銭湯「くわな湯」へ訪れることをオススメします!

何とHATCHIでは銭湯用のアミニティグッズを貸し出ししてくれます!現地で入浴券を購入するよりちょっぴりお得な価格で入浴券も購入できるのでホテルのエントランス付近にいらっしゃるスタッフさんに声を掛けてみて下さいね!

銭湯の準備万端!タオルは客室のものを持ち出ししてOKとのこと!

ホテルを出発し川に架かる橋を夜風にあたりながら渡れば到着です(近い!)。

ローカルな感じが堪らないくわな湯

入浴券はホテルで購入したものを番台にいるおばあちゃんへ渡せばOK

サウナも併設してあり、ゆったり湯船にも浸かることが出来ました!

OKUMAのアイコン画像OKUMA

お風呂上がりの帰り道、夜風にあたりながら歩くのもまた気持ちよい!

宿泊してみた感想・注意点

実際に宿泊してみて個人的にはコスパ最高で素晴らしい宿でしたが、「こういう所には注意が必要だな」と感じたこともありましたので幾つかまとめてみます。

こんな所には注意が必要
  •  客室に廊下の音が入ってくる(ロフトタイプの部屋以外はわかりません)
  •  綺麗とはいえ水回りの設備は「共用」であること
  •  館内着は有料のため出来れば寝巻きを持参すべき

あくまでシェアホテル。一般的なホテルと思って宿泊すると思いがけないギャップに後悔するかもしれません。カップルで宿泊検討される場合、彼氏さん!彼女さんにしっかりとした確認をとった上で予約することをオススメします!笑

OKUMAのアイコン画像OKUMA

個人的には彼女とも問題なく利用できると感じたけどね!(とても綺麗)
普段とは違う宿泊を楽しめる人にはオススメ!神経質な方はご用心!といった所です!

新型コロナウイルスの影響は?

ホテルでは新型コロナウイルスの対策がしっかり成されていました。

少し余談になりますが、私がホテルを訪れた2020年9月頃、金沢市内は人通りが少なくなっており、食事をしようと訪れた「近江町市場」(=地元の新鮮なお魚がいただける商店街)もシャッターが降りたお店が多く、閑散とした雰囲気でした。

OKUMAのアイコン画像OKUMA

観光客が少なくなった街、、早くみんなが気兼ね無く観光出来る日が来ますように…!

まとめ

如何でしたでしょうか?今回は芸術のまち金沢にあるシェアホテル「HATCHI」をご紹介しました!

  •  普段と違ったホテルに宿泊したい!
  •  芸術のまち金沢らしい宿を探している! 
  •  1人で宿泊しやすい宿を探している!

こんな方々は現地の雰囲気を体験でき、清潔感あるホテル「HATHI」を検討してみて下さい。

HATCHi 金沢 by THE SHARE HOTELS【公式】|HATCHi KANAZAWA(ハッチカナザワ)】
HATCHi 金沢 by THE SHARE HOTELS【公式】|HATCHi KANAZAWA(ハッチカナザワ)】
HATCHi 金沢 by THE SHARE HOTELS【公式】|HATCHi KANAZAWA(ハッチカナザワ)】ここは、「北陸ツーリズムの発地」。北陸の玄関口となる金沢からその先へと旅人をいざなう、多様なきっかけが詰まったホテルです。日本の華麗な茶屋文化を今に伝えるひがし...
くまじろうのアイコン画像くまじろう

絶対金沢旅行にリベンジしに行くぞ!!

それでは今回はこの辺で!読んでいただきありがとうございました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる