MENU

【最終確認】転職面接の前日に整理しておきたい3つのこと

こんにちはOKUMA(@OKUMABLOG)です!

今回は転職面接の前日に最終確認しておくべき3つのことをご紹介します!

転職面接を控えている方はぜひ参考にしてみてください!

筆者のプロフィールはこちらから見て頂けます!

この記事の内容

転職面接の直前に確認しておくべき3つのこと

  • なぜ転職したいのか(転職目的
  • 志望理由
  • 入社して自分がやりたいこと

3ステップで簡単にまとめるとこんな感じです!

STEP
「転職理由」と「転職目的」を区別して整理する
STEP
志望理由の言語化(=その企業でないと転職目的が果たすことが出来ない理由)
STEP
転職したらやりたいことを具体的に説明する準備
OKUMA

当たり前な内容に見えますが、これらの内容の因果関係を整理しておくことで面接を受けた時に筋が通った受け答えが出来ます!

順番に一緒に見ていきましょう!

転職活動を始めるならまずは大手エージェントに登録することがオススメです!大手を言えばリクナビ!

登録して自分が求める仕事を探すことから始めましょう!

リクナビNEXT
クリック出来るもくじ

転職理由と転職目的に分けて整理しよう!

本題の整理事項3つに入る前に確認ですが、皆さんは転職理由転職目的を分けて考えられていますか?

転職理由は現職を離れようと考えている理由なので、現在のあなたが叶えられていないことになります(現在の状況)。

一方で、転職目的は、あなたのなりたい姿(理想像)とあなたの現状とのギャップを埋めるものになります。現職で叶えられずに不満に感じている部分を得るために転職をして、何をどう得たいのか整理しておきましょう!

転職目的の例
  •  収入を増やしたい
  •  勤務地を変えたい
  •  職種を変えたい
  •  業界を変えたい
  •  人間関係を改善したい
  •  職場環境をより良くしたい
  •  業務内容を変えたい

いずれも現在の状況を「改善」する内容になると思います。

いきなり転職目的を考える方が多いですが、まずは自分現在の状況の何に不満を感じているのかを洗い出すべきだと思います。その上で転職目的を整理した方が軸が通った内容になるのでないかと思います!

転職理由を洗い出してから転職目的を整理する(2段階)

イメージとしては転職理由(現職で叶えられえないこと)と自分の理想との間にあるギャップが「転職目的」になる感じですかね!

志望理由(なぜその会社じゃないといけないのか)

転職目的が整理出来たら、受ける予定の企業を志望する理由を言語化しましょう!

その企業で自分の転職目的を果たすことができるのか?

先ほど整理した転職目的を志望する企業では叶えることができることを説明できるようにしておきましょう。

例えばこんな感じ!
  • 業界を変えたい→より良い変化を追求する業界でその中でも変革しようとしている企業だから志望
  • 職場環境を変えたい→最新鋭のノウハウ・技術を持って最高のパフォーマンスを発揮できるから志望

但し転職目的の1つが「収入面」であった場合は基本触れずに心の中に抑えておくことをお勧めします!

企業によっては選考の途中で現職の収入や希望の収入を聞かれたりすることがありますが、基本お金の話は面接の場ではこちらからは触れないのがベターです!

その分、利用している転職エージェントの担当者には自分の希望の収入をしっかりと伝えておきましょう!

入社してやりたいこと(具体的に)

転職面接の直前に整理しておきたい3つのことの最後は「入社してやりたいことを明確にイメージしておく」です!

企業サイドも採用活動には大きなコストをかけています。そんな採用活動でせっかく採用した人間が入社後、早々に辞めれたら…。最悪ですよね。

なので、企業側は間違いなくあなたの自社への「適性度」を見定めようとしているはずです。

あなたが入社後にやりたいことを明確にイメージ出来ていたら、それはそれは採用側からは高得点なわけです!

例えばこんな感じ!

〇〇の部門で、入社後1年以内には〇〇の売り上げを〇〇程上げたいです。そのためには私自身の強みである△△の能力が役に立ち、□◇な手段を用いて目標達成したいと考えたいと思っています!

具体的で、且つ定量的であれば伝わりやすいですね!同時に自分のストロングポイントがそのやりたいことを成し遂げる為に必要なのだと説明出来れば尚良しです!

まとめ

今回は転職の面接前日に整理しておきたい3つのことをご紹介しました!

転職になると大体の人が面接を受けること自体が久しぶりで、面接における回答が長くなりがちです。

また、受け答えの中で自分のことを良く見せようとするあまり、言っていることがバラバラにもなってしまうことが多いです。因果関係を整理して筋が通った受け答えを心がけましょう!

筋が通ったシンプルな回答をしていれば、気になった点は面接官の方から深堀りしてくれると思います!

当記事が転職面接を控える方に少しでも役に立っていれば幸いです!

今回はこの辺りで!お疲れ様です!

OKUMA
この記事を書いた人
新卒で入社した商社(鉄鋼)を3年で退社し現在はITメガベンチャーで勤務するアラサー。転職を機に地方に移住。趣味は筋トレ、読書、サウナ巡り。TOEIC860/日商簿記3級取得済み。中小企業診断士の勉強中。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

クリック出来るもくじ
閉じる