MENU

【転職活動日記】社会人4年目、遠距離恋愛と転職活動について | 私が転職活動を始めた理由

こんにちは。OKUMA(@OKUMABLOG)です。

くまさん

現在転職を考えています。一方で付き合っているパートナーと遠距離恋愛中でもあります。転職を通じて遠距離恋愛もうまく進めていきたいです!

今回はこんなお悩みを抱えている方向けに、自分の現在の状況を踏まえた記事を書いていこうと思います。

今回から数回に分けて「転職」というワードを取り扱った記事を書いてみようか検討中です。

今回の内容は下記の通り「転職と遠距離恋愛」についてです。

この記事の内容
  • 私が転職活動を始めた理由
  • 転職活動において遠距離恋愛中であることはどう作用する?

読んだ方の生き方のヒントになれれば幸いです!

本文に入る前に私の簡単な自己紹介をさせて頂きます!

OKUMA

私はこんなクマです!
・社会人4年目(営業職)
・遠距離恋愛2年目
・転職活動を始めたばかり

もう少し詳しく私のことを知ってみたいと思って頂けた方はこちら

クリック出来るもくじ

私が転職活動を始めた理由

まず私が転職活動を始めた理由をご紹介してみようと思います。

結論から言いますと下記のような3ステップがある感じです。

  • そもそも新卒として就活をしていた時から「転職」を視野に入れていた
  • 入社後、実際に働いていくうちに自分の未来について考えるようになった
  • 転職すると決めた人だけが転職活動をするものではないと考えるようになった

順番に詳しくみていきます!

就活をしていた時から「転職」を視野に入れていた

そもそも私は大学4年目で就職活動に取り組んでいる頃から「転職」を将来的な視野に入れて活動していました。

理由としては「明確にやりたいことがなかったから」です。

就職活動に際して自己分析もある程度行いました。就活本も買って業界研究もしたつもりです。でも明確に人生をかけてやりたいことが何かと問われると明確な答えは出ませんでした。

OKUMA

自分は一体何がしたいんだろう?どんな人生を送りたいんだろう…?自分のことなのに何でわからないんだろう?

これまでの人生いかに「何となく」生きてきたか。就活を迎えることではっきりと認識し、反省した反面、「そんな簡単にやりたいこと見つかるわけないやん!」と開き直っていましたね。

そこで当時の私はいかに自分が後悔しないかを考えました。その結果、「やりたいことを抽象化」して就職をいくつかの要素に分解して考えるようにしました。

(ご参考)当時の私が「後悔しない」ために必要と感じた要素【理由】
  •  良い収入【奨学金早く返したい、やりたくないことでも収入が良ければ我慢できる】
  •  企業規模【新卒カードは一度限り、大企業で働いてみたかった】
  •  ある程度忙しそうな会社【簡単な仕事を自分「スタンダード」にしたくなかった】
  •  働いている社員さんがカッコ良い【自分もカッコ良くなりたい】

あとは直感!笑

現時点で自分がどうなれたらより幸せか、考えました。

一生懸命、全力で働いていたら見えてくるものがあるだろう。

「その何か」が見えて来た時に、そちらの道に行けるように準備しておこうと新卒の就職活動をしていた時から思っていました。

OKUMA

明確にやりたいことがあれば良いけど、中々そんなもの見つからない。なら目標を抽象化して、そっちへ人生の駒を進める。そしてまたやりたいことが何となく見つかればまた駒を進める方向を軌道修正。そんな生き方をしています。

実際に働いていくうちに自分の未来について考えるようになった

実際に私は新卒で商社に入社しました。社会人として働く上で色々と考え方が変化してきました。

新卒で入社した会社を選んだ基準は先ほどご紹介したものです。

どの基準もクリアしている会社です。自分でも言うのもおかしいですが、自分には持ったないくらい素晴らしい会社で働くことが出来ていると感じています。

くまさん

ならなぜ転職したいと思ってるの?

OKUMA

実際に働いているうちに仕事に求める考え方が変わってきたのよね!

変化があった仕事への考え方

  • 変化を嫌う企業体質は嫌い
  • 今の業界は先々冷え込むことが目に見えている
  • 忖度がありすぎる仕事は嫌い

挙げだしたらキリがないのでコレくらいにしておきますが、実際に働いてみて分かったことが多々ありました。

その結果、何となくですが「今の企業よりもっとやりたいことが出来る会社があるのでは?楽しく働けるのでは?」と思い始めたわけです!

転職すると決めた人だけが転職活動をするものではないと考えている

転職活動は「絶対転職する人」だけが行うものではないです。

この考え方は「転職と副業のかけ算」という本を読んで身についたものです。

転職活動を行うことで、自分が知らない業界や職種を知ることができますし、職務経歴書を作成することで現職の業務内容や自分が得た経験を棚卸しすることができます。またエージェントとの面談を通じて自分自身の市場価値を知ることが出来ます。

転職すると明確に決めていない人でも転職活動を通じて得られるメリットがたくさんあります!

転職活動において遠距離恋愛中であることはどう作用する?

私は冒頭でも触れた通り、現在、遠距離恋愛中の彼女がいます。

そこで、転職活動をする際に「遠距離恋愛」であることが自分の心境にどのような影響を与えるのかご紹介します。

転職先の勤務地を意識してしまうようになる

遠距離恋愛は正直、様々な点で苦労が多いです

  • 会うのにお金がかかる
  • 一緒に過ごせる時間が短い
  • 寂しい
  • 色々と時間がかかる

できれば1日でも早く遠距離恋愛を終わらせたいと思うのが正直なところです。

転職を機にパートナーの近くにいこうっと思ってしまう心境が働きます…。

くまさん

遠距離恋愛からの脱却を目的として、転職活動を「妥協」するようなことはしたくないね!

収入をある程度意識することになる

遠距離恋愛から、仮に結婚することになったら、パートナーか自分かどちらかが、縁も所縁もない地域へ移り住むことになリます。

となると、どちらかが仕事を辞める必要が出てきます。

OKUMA

いつか再就職する時が来るかもしれないけど、一時的にはね。。

仮に自分のパートナーに仕事を辞めて、自分の元にきてもらう場合、

自分の仕事の安定度、収入が自分だけの問題じゃなく、2人の問題になってきます。

自分だけじゃなくて2人の生活を守るという責任感がどうしても、のしかかってきます。

くまさん

お金が全てではないけれど、生活する上での必要最低限の経済力が必要になってくるね。

まとめ

今回は転職活動と遠距離恋愛を紐づけて、自分自身が実際に感じたことを踏まえてご紹介しました。

お伝えしたかったことを再度まとめておきます!

この記事の内容まとめ
  •  転職活動を通じて学べることがある
  •  遠距離恋愛を理由に転職活動を妥協はしてはいけない
  •  遠距離恋愛中であることは多少なりとも転職活動に影響を及ぼします

転職という手段は誰にでも出来る手段です。転職活動を通じて遠距離恋愛も良い方向に進めるようにできれば最高ですね!

それでは今回はこの辺りで!お疲れさまです!

OKUMA
この記事を書いた人
新卒で入社した商社(鉄鋼)を3年で退社し現在はITメガベンチャーで勤務するアラサー。転職を機に地方に移住。趣味は筋トレ、読書、サウナ巡り。TOEIC860/日商簿記3級取得済み。中小企業診断士の勉強中。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

クリック出来るもくじ
閉じる